CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
関連ホームページ
アットメール
http://mdm183281.at-ml.jp/

生き生き食育青汁
http://mdm183281.at-ml.jp/

シルフィードシステム
http://blog.livedoor.jp/eco24/archives/2071590.html

オリンポスピーシー販売
http://www.olympos-pc.com/mem/pcmode.cgi?=45555

激安!リユースノートパソコン
http://www.olympos-pc.com/mainindex.cgi?=45555

メーカー選択 特選!ノートパソコン
http://www.olympos-pc.com/shop/kmode.cgi?=45555

バナー広告
edita
edita.jp【エディタ】
MicroAd
PING
MOBILE
qrcode
<< 惑星をつかまえて、月の周回軌道に乗せる | main | 4人のパブロ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    パブロ・ネルーダ
    0
       4月9日付のある新聞が、「パブロ・ネルーダ氏の遺体を中部イスラネグラの墓地から掘り起こした」と報じている。

      さて、パブロ・ネルーダ。

      ネルーダは左翼系文学者として知られ、南米チリのクーデターで打倒されたアジェンデ社会主義政権で駐仏大使を務めた。71年、ノーベル文学賞を受賞。

      ネルーダはクーデターから12日後、前立腺がんのため69歳で死亡したとされてきた。死因は「病死」。しかし、ネルーダが属していたチリ共産党は2011年5月、「毒殺」の疑いがあるとしてサンティアゴの控訴裁判所へ告訴状を提出。これはネルーダの元運転手の証言を基にしたもので、同党は、毒殺が海外でのクーデター反対の活動阻止を狙った軍部によるものとの見解を公表。2013年2月、チリの司法当局は死因の確認のため、ネルーダの遺体を掘り起こす方針を決定している。

      1970年、サルバドール・アジェンデを指導者とする社会主義政党の統一戦線である人民連合は自由選挙により政権を獲得し、アジェンデは大統領に就任。これは、南アメリカにおいて自由選挙で社会主義政党が選ばれた初めての例である。

      しかし1973年9月11日にアジェンデ政権がピノチェトのクーデターによって滅ぶと、軍事政権はネルーダの家に押し入り、調度品を破壊し蔵書を破り捨て、徹底的に家を破壊した。ネルーダはこのことで絶望し、病状は急激に悪化したといわれる。クーデターの12日後、危篤状態に陥り、病院に向かったが、途中の軍の検問で救急車から引きずり出されるなどして、病院に着いたときには亡くなっていた。「彼は病気で死に、クーデターで魂を殺された。彼は二度死んだのだ」とチリでは言われている。

      余談だが、随分昔鑑賞した「サンチャゴに雨が降る」と言う映画を思い出した。これは、1973年9月11日早朝のチリ・クーデターの発生から首都サンティアゴを中心にした各地の市街戦、軍事評議会による権力掌握を経て、パブロ・ネルーダの葬儀にいたる10数日間の出来事の描写を軸に、並行して、登場人物の一人である外国人記者の回想という形で、サルバドール・アジェンデの大統領当選からクーデターに至る流れが描かれている。1975年制作のフランス・ブルガリア合作映画。


      今日も元気ネット
      http://kgn.suwa-ep.info/index.html
      | - | 11:04 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:04 | - | - |
        コメント
        コメントする