CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
関連ホームページ
アットメール
http://mdm183281.at-ml.jp/

生き生き食育青汁
http://mdm183281.at-ml.jp/

シルフィードシステム
http://blog.livedoor.jp/eco24/archives/2071590.html

オリンポスピーシー販売
http://www.olympos-pc.com/mem/pcmode.cgi?=45555

激安!リユースノートパソコン
http://www.olympos-pc.com/mainindex.cgi?=45555

メーカー選択 特選!ノートパソコン
http://www.olympos-pc.com/shop/kmode.cgi?=45555

バナー広告
edita
edita.jp【エディタ】
MicroAd
PING
MOBILE
qrcode
<< 第7回大阪モーターショー | main | 1948年(昭和23年)の今日1月26日、帝銀事件が発生。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    1902年1月23日、八甲田雪中行軍遭難事件
    0
       1902年(明治35年)の今日1月23日、八甲田雪中行軍遭難事件が起きた。これは、日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が八甲田山で冬季訓練中に遭難した事件。

      冬の八甲田山は重装備が必要だったが、指導部の無謀さから兵士は軽装のまま行軍を開始。猛吹雪の中で道を失い、寒さと飢えと疲労の為に210名が遭難。199名が死亡した。

      事件の背景には、日本陸軍が冬季訓練を緊急の課題としていた事が挙げられる。陸軍は1894年(明治27年)の日清戦争で冬季寒冷地での戦いに苦戦し、そして更なる厳寒地での戦いとなる対ロシア戦を想定。その為の準備をしていた。こうした想定は、事件から2年後の1904年(明治37年)に日露戦争として現実のものとなった。

      この事件を題材とした小説では新田次郎が著執した「八甲田山死の彷徨」、映画作品では東宝・シナノ企画の製作で1977年に公開された「八甲田山」がある。

      小説を読んだのも映画を鑑賞したのも随分と昔の事であるが、この拙文を綴りながら、今、それらを想い起こしている。
      | - | 01:53 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 01:53 | - | - |
        コメント
        コメントする